電話して相談する

水のコラム

洗面所の排水口から漂う悪臭の原因は?対処法も解説

2021年01月29日  洗面所のトラブル


 
洗面所に立つと、どこからともなく嫌な臭いが漂ってくることがあります。
清潔感を大切にしたい洗面所での悪臭トラブルに、ゲンナリする方も多いのではないでしょうか?
洗面所で悪臭トラブルが発生する原因と、今すぐに実践できる対処法について解説します。
 

悪臭の原因は、排水溝内部の汚れや雑菌

洗面所に立ったとき、どこからともなく嫌な臭いが漂ってきたら、以下の4つのポイントをチェックしてみてください。
 
・洗面ボウル
・洗面ボウルの中の排水口
・洗濯機の排水口(洗面所に洗濯機を設置している場合)
・シンク下収納の中
 
それぞれの場所に顔を近付けてみて、もっとも強く臭った場所が発生源です。
洗面ボウルと洗面ボウルの排水口は、見極めが難しいポイントですが、いったん排水口に栓をして臭いをチェックしてみると、どちらに原因があるのかわかりやすくなります。
 
これら4つの中で、悪臭トラブルが発生する可能性がもっとも高いのは、洗面ボウルの排水口です。
シンク下収納を開けたときに臭いが強くなる場合は、収納内の排水パイプや排水トラップ付近から水漏れしている可能性も考えられます。
 
万が一水漏れしている場合、事態を放置すると悪臭よりもさらに深刻なトラブルを引き起こしてしまいがちです。
中の荷物を取り除いた上で、水浸しになっていないかどうか、床下を含めてしっかりと状況をチェックしてみてください。
 

気になる臭いを解消するための3ステップ

洗面ボウルや洗面ボウルの排水口から嫌な臭いが漂ってくる場合、以下のステップでトラブル解決を目指しましょう。具体的な3つのステップを紹介します。
 
★1.洗面ボウルをきれいに洗浄する
洗面ボウルは、日常的に汚れた水を受け止める場所です。一見きれいに見えていても、そこには多くの汚れが蓄積しています。
 
・皮脂
・ファンデーションやリップなどの化粧品成分
・石鹸カス
・整髪剤
・マウスウォッシュ
・水垢
 
手洗いや洗顔、歯磨きなどで、洗面ボウルを使うたびに十分な掃除ができていれば良いのですが、現実にはそういうわけにもいかないもの。
日々の習慣の中で汚れが積み重なり、徐々に頑固な汚れへと成長してしまいます。この汚れこそが悪臭の原因になりますから、しっかりと除去しておきましょう。
整髪剤や化粧品など油性の汚れは酸性の性質を持ち、石鹸カスなどはアルカリ性の汚れとなります。
 
つまり、洗面ボウルをきれいに洗浄し、悪臭トラブルを根本から解決するためには、酸性とアルカリ性、どちらにも働きかけてくれる洗剤を用意する必要があります。
洗面所周辺の汚れに強い洗剤といえば、重曹+クエン酸です。最初にクエン酸水をスプレーして、アルカリ性の汚れを浮き上がらせたのちに、重曹をふりかけて酸性の汚れにアプローチしましょう。
重曹には研磨剤としての機能も備わっていますから、洗面ボウルをピカピカに仕上げられます。
 
★2.排水口の内部を掃除する
洗面ボウルがきれいになったら、次は排水口をチェックします。
部品を取り外すとゴミ受けが設置されていますから、ここに詰まったゴミを取り除き、パーツを丁寧に洗浄しましょう。
使い古しの歯ブラシを使うと、細かな部分も掃除しやすくなります。
 
排水管の掃除には、先ほどと同じく重曹とクエン酸を使用しましょう。
まずはたっぷりの重曹を排水口にふりかけて、少し馴染ませたのちにクエン酸を流します。
40~50度のぬるま湯を排水口にゆっくりと流せば、両者の反応が進んで泡立ち始めるでしょう。
1時間ほど放置したのちに、やはりぬるま湯でしっかりと洗い流せば完了です。
 
★3.悪臭が気にならないための予防処置をする
今悩まされている悪臭トラブルを解決したら、次に同様のトラブルで悩まされないように工夫しましょう。
もっとも多い排水口からの臭気上がりには、こまめなメンテナンスで対応します。
1週間に1度程度は重曹とクエン酸を使ったメンテナンスを心掛けることで、臭いは気になりにくくなるでしょう。
髪の毛詰まりが気になるときには、液体パイプクリーナーに変更するのもおすすめです。
 
また洗面所に汚れを溜めないためのコツは、使用後の乾拭きにあります。朝や夜、家族みんなが洗面所を使い終わったタイミングで、ボウルをざっと乾拭きしておきましょう。
水で流れなかった見えない汚れも除去できますし、水垢汚れにも絶大な効果を発揮してくれます。家族みんなの習慣にしてみてください。
 

その他のトラブルも気になる場合、修理業者に相談を

洗面所の悪臭対策を実践しても効果が現れない場合、もしかしたら別の原因が潜んでいるのかもしれません。
自分で対処できないときには、遠慮なく水道修理業者に相談してみてください。プロの視点で悪臭の発生原因を突き止めてくれるはずです。
 
また悪臭以外に気になるトラブルがある場合、臭いのトラブルについても一緒に相談するのがおすすめです。
排水トラップの内部に汚れが溜まり、すでに簡単には落ちなくなっている場合、詰まったトラップを洗浄するよりも交換した方が良いかもしれません。
一般の人よりも広い視野で、これから先のことを考えた対策を提案してくれる点も、修理業者に相談するメリットだと言えるでしょう。
 

気になる臭いも水のサポート高知が対処

洗面所から嫌な臭いが漂ってきたら、トラブル発生の合図かもしれません。掃除しても改善されなければ、私共水のサポート高知が対処いたします。
どうぞお気軽にお電話ください。
高知市をはじめ、県内のさまざまなエリアに素早く出張いたします。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076