水のコラム

キッチンの水漏れトラブルや白く濁った水が出た場合はどうしたらよい?対処法をご紹介

2021年03月25日  キッチンのトラブル

キッチンの水道が濁っていたらどうする?

キッチンの蛇口をひねるとしばしば白い水が流れてくることはありませんか。特にお湯を出すと白い水が出やすいので何か身体に毒となる不純物が混じっているのではないかと気になる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、これは勢いよく水道水を流すことで蛇口の中が負圧になって蛇口の上部から空気を吸い込んでしまい、給湯器で急激に加熱することで水の中の空気が放出されやすくなることで小さな気泡がたくさんでき、それが白く見えているという現象です。この場合は、しばらくそのまま放っておくと容器の下の方から次第に濁りがなくなり、透明になるので問題ありません。空気ですから、含まれているのは害のあるものではありませんし、故障でもありません。

放っておいてもずっと白く濁っている水は注意

しかし、万が一そのまま放っておいてもなかなか水が透明になることがなく、白く濁ったままの状態は、亜鉛や鉄が含まれている可能性があります。給水管に亜鉛メッキ交換が使われていると亜鉛が水に溶け出して白く濁ってしまうことがあります。

亜鉛をわずかな量を飲んだとしても人間にも必要な成分ですので、身体に害が起こることはありません。ただその量が大量ともなると害を及ぼすこともあります。味がおかしい、臭いがおかしいといった場合はすぐに水道業者に問い合わせて対応してもらうようにしましょう。

レバー式水栓からの水漏れトラブル

キッチンの水漏れ現象の一つに水栓からの水漏れというケースがあります。キッチンに使われる水栓は、シングルレバー水栓と呼ばれるものと、ハンドル式水栓と呼ばれる2種類があります。

シングルレバー水栓は、レバーが一つだけ付いているタイプのもので、手が空いていない時なども手首などで簡単に水を出したり閉めたりする事ができる仕様です。この便利なシングルレバー水栓から水漏れが起こる場合、水漏れが起こる場所によって原因が異なります。レバーの下から水漏れが起こる場合h、バルブが故障しているケースがほとんどです。バルブも経年劣化してくることで漏れが生じるため、バルブの交換をする必要があります。

次にスパウトの上部分から水漏れする場合は、スパウトが不具合を起こしているか、バルブが故障しているか、パッキンが劣化している可能性があります。スパウトが故障している場合は、パッキンが劣化している場合は部品をメーカーなどから取り寄せて交換すると確実です。

スパウトの内側に付いているシートにゴミがついていると水漏れが起こる可能性があるので、スパウトの中をきれいに拭いてグリスを塗布し、ゴミの付着などがないかチェックします。スパウトに傷が付いていた場合はスパウトを交換すると良いでしょう。ただスパウトの部品だけを取り扱っていないメーカーも多いため、その場合は水栓丸ごと交換というケースもありますので注意しましょう。

吐水口からの水漏れは、バルブカートリッジが劣化しているか、Oリング・UVパッキンが劣化している可能性があります。バルブカートリッジを交換するかパッキンを交換してみると良いでしょう。

ハンドル式水栓の水漏れトラブル

ハンドル式水栓は、ハンドルを回して湯水を出す従来日本で良く普及されていたタイプの水栓です。ハンドル式水栓はシングルレバー水栓に比べると構造がシンプルですので、修理もやりやすいのが特徴です。

ハンドル式水栓は、ハンドル下からの水漏れの頻度が高くなっています。ハンドル部分は、上からネジ、ナットや三角パッキン、スピンドル、コマパッキンなどの部品よって固定されているのです。このうちパッキンは消耗品で劣化しやすい部品ですのでどうしてもハンドルを毎日のように開け閉めすることでだんだんすり減ってしまい、隙間が生じます。この隙間から水漏れを起こしてしまう可能性があり、パッキンの取り替えが必要です。

このほかにもハンドル下からの水漏れ要因として、ナットが緩んでいる可能性も指摘できます。ナットのゆるみであれば簡単にナットを締めるだけで解決しますので、まずハンドル下からの水漏れが起こった際は、ナットのゆるみがないかの確認をしてからパッキンの劣化を疑いましょう。吐水口パイプと本体接続部分から水漏れする場合は、中のパッキンが劣化している可能性がありますので、部品を取り寄せて交換しましょう。

また、吐水口から水漏れするケースもあります。蛇口を閉めているにもかかわらずいつまでも水がポタポタと落ちてしまうのは水漏れの可能性が大きいです。これは、ハンドルの内部にあるパッキンが劣化することによって起こるので、パッキンを交換する事で解決します。つまりハンドル式水栓の水漏れトラブルの鍵はパッキンの交換と言えるでしょう。

万が一の水トラブルは水のサポート高知までご相談ください

もしご自身で作業をされても直らないといったことがあれば、プロの専門業者に頼むのが一番です。原因を突き止めるにも時間を要することがありません。新しい水栓に取り替えられる際も、水栓には取り付け穴の数やサイズを確認する必要があります。これらは土台となる部分の穴のサイズと一致しなければならないのでご自身で水栓を変えたいという方は良く調べられると良いでしょう。

当社水のサポート高知でも、高知市、室戸市、安芸市といった高知県全域にお住まいの皆様の水漏れトラブルに緊急対応しております。24時間いつでも駆け付けますので、何かございましたらぜひお電話ください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076