電話して相談する

水のコラム

DIYも修理できる!洗面所で水漏れを発見したら

2021年03月26日  洗面所の水漏れ

洗面所の水漏れ
洗面所の水漏れは様々なパターンがありますが、なかでも厄介なのは排水溝が関わる水漏れです。
洗面台の下部からの水漏れが床一面に広がってしまった経験を持つ人もいるでしょう。
洗面所の排水溝付近での水漏れが起きたときの対処方法を考えます。

床一面が水浸し!洗面台の下をチェックする

洗面所での水漏れは様々ですが、床一面がびっしょり濡れてしまうようなときには排水関連のトラブルが考えられます。
まず洗面台の下を調べて原因を特定します。
掃除用具や洗剤などを入れている人は、すべてよけたほうが良いでしょう。
目で見てすぐに原因が分かればいいのですが、場所によっては光が届かずに見えにくい、もしくは(破損した場所があるとしたら)小さすぎてよく分からない…ということもあるかもしれません。
そんなときにはほんの少しだけ水を流してみてください。

もしも排水関連のトラブルによる水漏れなら、原因の場所からじんわりと水が出てきます。
勢いよく水を流すと水漏れ被害が広がるだけですので、あくまでも少しずつ流しましょう。
ここでほとんどの人が水漏れの場所を発見できます。
排水溝に繋がる排水関連のパーツに原因があるのなら、DIYで解決できることも多いものです。
もしも自分でやってみよう!と思うのなら、レンチやスパナのような工具を用意しトライしてみましょう。
最近では水回りのトラブル修理用に使える工具をセットにして売っていることもあります。
大手通販サイトで多く取り扱っています。

給水管や下水管の異常に注意

水漏れの場所が特定できたら、原因に応じた修理をしましょう。

1.給水管や排水ホースの接続部分
給水管や排水ホースは、接続部分にナットが使われています。ナットがゆるんでしまうとこの部分に隙間が生じ、漏水の原因になります。
水漏れの原因がナットのゆるみであれば、工具でナットを締め直します。
また少し水を出してみて、水漏れがおさまっていれば成功です。
ナットの締め直しは比較的簡単な部類に入りますが、うっかり工具を当てて排水ホースや周囲の部品を破損させないように注意してください。
そこからまた水漏れしてしまうかもしれません。

2.排水ホースの破損が原因の場合
洗面台から下水管・排水溝までを繋ぐ排水ホースは、経年劣化によってひび割れが生じたり、ものをぶつけると破損することがあります。
ひび割れや破損部分から水漏れが生じているのなら、応急処置として防水テープを貼る方法があります。
しかし破損部分が大きく、水漏れの量が多い場合には、防水テープではなく排水ホースを交換したほうが安心です。
排水ホースの交換は少し手間がかかるため、時間がなかったり、自分では難しいと感じたら、水道修理業者を手配しましょう。

3.下水管が原因の場合
下水管が原因で水漏れが起こることもあります。
下水管そのもののトラブルというよりは、下水管に繋がっている排水ホースがずれてしまっている可能性が高い状態です。
このような場合、水漏れと同時に下水の悪臭が上がってきています。
水漏れに気付いたときに悪臭を感じたら、排水ホースがずれていると予想しておきましょう。

排水ホースがずれているときは、防臭ゴムや防臭カバーも一緒に直します。
臭いが気になる以外に難しいことはなく、DIYによる水漏れ修理の中では手軽にできる作業です。
もしも防臭ゴムや防臭カバーが劣化や破損を起こしていたら、ホームセンターで新しいものを購入して交換しましょう。
破損させるような扱いをしたことがないとしても、経年劣化からの破損が考えられます。

また、洗面台の下にものを入れている人は、出し入れの際に注意してください。
簡単に直せる場所のトラブルですが、裏を返せば簡単に排水ホースなどがずれてしまう場所でもあるのです。
排水ホースやその周辺に勢いよくものを当てない、ものをあまり詰め込まないなど、ぜひ心がけてみてください。
それだけでトラブル発生の確率を下げられます。

4.洗面ボウルの水栓から水漏れしている場合
床下への被害が出るほどではないとしても、洗面台の水栓から水漏れを起こしているかもしれません。
放置しておくと蛇口周辺が水浸しになり、水が床に伝って被害が生じます。

水栓にハンドシャワーが繋がっているなら、ハンドシャワー内部の部品にトラブルが発生している可能性があります。
分解してチェックしてみましょう。
おそらくパッキンやカートリッジが経年劣化を起こしています。
同じ部品を買い求めて交換しましょう。

ハンドシャワーではなく、普通の水栓も同様です。
水栓の中にはやはり部品が入っており、パッキンが劣化しているケースが非常に多いのです。
パッキンの耐用年数は7年程度ですので、この時期を過ぎているのであれば、経年劣化を疑いましょう。
こちらも部品を交換して修理完了です。

確実な修理が必要なら水道修理業者へ

水回りの修理は個人でも対応が可能なケースが多いのですが、誰もが作業する時間を取れるわけではありません。
また、作業が苦手な人もいるでしょう。
そのようなときには水道修理業者へ頼むことが最善の手段です。

高知市に拠点を置き、須崎知市、宿毛市、安芸市、土佐清水市、室戸市など、高知県内の広い地域で出張対応可能な、水のサポート高知では365日24時間、いつでも受付している水道修理業者です。
洗面所の水漏れや気になる下水管・排水溝、水回りのトラブルがありましたら何でもご相談下さい。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076