水のコラム

トイレの床に水溜まりを発見!原因や解決法は?

2021年04月24日  トイレの水漏れ

トイレで水溜まりを発見したら

トイレの便器付近で水が溜まっていることは、ありませんか?
便器周りの水漏れは、便器の故障を疑いびっくりしてしまいます。
でもまずは、慌てずに床をタオルなどで拭いて、水漏れの原因を特定しましょう。
水がどこから漏れているのかで、対処法が違います。
自分で直せることから、専門業者に依頼しなければ解決しないものまでさまざまです。
まずは、便器の周りに水が漏れてくる原因を探っていきましょう。

結露

トイレの便器やタンク、配管などをチェックしてみてください。
水滴がたくさん付いているようであれば、結露によって床に水が溜まったのかもしれません。
トイレで結露がおこる原因は、主にトイレの水と外気の気温差、トイレ内の湿度、換気不足の3つです。

まずは換気扇が常に回っているか確認してください。
気温差が原因なので、こまめにタオルなどで拭きましょう。
タンクや便器の結露は発泡スチロールをカバーするなどで軽減できます。
配管の結露は、結露防止のテープを巻いてみてください。
結露対策をしてみて、床に水が溜まらないのであれば問題ありません。

フィルターの詰まり

トイレタンクに手洗い管が付いている場合にチェックしていただきたいのが、フィルターの有無です。
フィルターが詰まっていると手洗い管から水が流れなくなり、タンクから水が漏れてしまう恐れもあります。
手洗い管のフィルターは定期的に掃除をして、損傷しているようであれば交換してください

ウォシュレットの故障

ウォシュレットの故障によっても水漏れが起きてしまいます
まずは、ウォシュレットのどこかから水が漏れていないか確認してみましょう。

給水管との接続部分から水漏れしている場合は、パッキンの劣化が考えられますので、交換すると解消できます。
ウォシュレットの給水フィルターが原因の場合は、給水フィルターの交換が必要です。
水抜栓からの水漏れは、パッキンの劣化によるのものなので、パッキンを交換しましょう。
また、ウォシュレットのメーカーによっても仕様が異なりますので、取り扱い説明書やホームページなどを見て、適切に交換してください。
給水管を外すときなどは、止水栓を閉めてバケツを下に置いて作業してください。

トイレのタンクに異常がある

トイレのタンクの内部にはいくつかの部品があり、その部品が劣化や破損しているとタンクが正常に働かなくなり、水漏れの原因になってしまうことがあります。
タンクの蓋を開けて各部品をチェックしてみましょう。

・レバーが固定されている
まずはレバーが固定されていないか確かめてみてください。
タンクのレバーには固定するポッチのような物が付いているタイプがあり、それを押すとレバーが固定されて水が流れっぱなしになることがあります。
勢いよく水が流れ続けると、その水がタンクの手洗い部分から飛び散って、床が水で濡れてしまう場合もあります。
その場合はレバーの固定を戻せば解決しますので問題ありません。
 
 
・ゴムフロートの劣化や損傷
トイレのレバーとつながっている、ゴムフロートという部品をチェックしてみてください。
ゴムフロートが劣化してしまうと、トイレの水が流れっぱなしになってしまいます。
ゴムフロートは、自分でも交換できて、部品の購入費用も1,000円程度となっています。
自分でも交換できますが、不安であれば水回りの専門業者に依頼してみてください。
 
 
・ボールタップの劣化や損傷
トイレタンクの水位を見れば、どこで異常が起きているのか判別できます。
水位がいつもと違う場合は、ボールタップの劣化や故障が考えられるでしょう。
ボールタップは、付属している浮きゴムが上下して水栓を開け閉めする役目を担っており、ボールタップが劣化することによって、水位の調節ができなくなります。
ボールタップも自分で交換できます。
費用は4,000円程度と少し高めです。
 
 
・ダイヤフラムの故障
ダイヤフラムとは、ボールタップについている小さな部品で、水を制御する役割があります。
ダイヤフラムはタンクの種類によっては付いていないタイプもありますが、このダイヤフラムが劣化すると、手洗い管から水が出なくなり、水の排水がうまくいかなくなる恐れがありますので注意が必要です。
ダイヤフラムも自分で交換でき、部品は1,000円前後で購入できます。
 
 
・オーバーフロー管の損傷
オーバーフロー管は何かしらの要因で折れてしまうとタンクがうまく作動しません。
オーバーフロー菅は、便器に水を流す重要な役割を担っていますので、オーバー風呂管が折れてしまうと、便器に水が流れなくなり、タンクから水が溢れてしまいます。
オーバーフロー管が折れているのを確認した場合は、止水栓を閉めて、周囲にタオルなどを敷き詰めて応急処置を行ってください。
自分で交換することも可能ですが、ボールタップやゴムフロートの交換と違って少し難しいです。
交換する自信のない場合は、水回りの専門業者に依頼することをおすすめします。

配管から漏れている

トイレのタンクに異常がない場合は、給水管や排水管のつなぎ目が緩んで、パッキンが劣化している可能性があります。
その際はナットを締め直すか、パッキンを交換してみてください。
原因不明の水漏れや、自分で交換することが難しい場合などは、水のサポート高知にお気軽にお問い合わせください。

水のサポート高知では、高知市のほか南国市や香南市、四万十市などの高知県全域の水トラブルに、24時間365日対応しています。
弊社スタッフが素早く駆け付けて迅速に解決しますので、安心してご依頼ください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076