水のコラム

ペットボトルでの節水は考えもの

2021年04月24日  水まわりのトラブル

ペットボトルでトイレの節約はできる?

節約にこっている主婦の方は、ペットボトルでトイレの水量を調整しようとしているかもしれません。
しかし、この考えは少しリスクがあって、節約するつもりが、流れを悪くしてしまったり、つまらせてしまったりする可能性もありますので、十分に注意してください。

素人の方法ではなく、水洗トイレ節水器ロスカットのようなメーカーが発売している専用アイテムを利用する方法もありますので、そちらを検討してみるのもよいでしょう。

ペットボトルをオススメできない理由

まずは、なぜペットボトルで節水をしようとするとダメなのかを紹介してみます。
トイレのタンクの水を節約しようと思っているのならば、ペットボトルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
トイレのタンクの水をペットボトルでどのように節水するのかというと、単純にタンク内にペットボトルを入れて、水量を調節しようというものです。
ペットボトルをタンク内に入れることによって、タンク内に保持される水量が少なくなります。
そのため、1回分の水量の節約になるのではないかというのがポイントになってくるでしょう。

この方法の場合、確かに1回1回に流れる水量は少なくなってくれます。
しかし、汚物を流すための能力は下がってしまいますので、つまりやすくなるというデメリットもあります。
また、水量が少なくなるということは、洗浄能力についても落ちますので、トイレに汚れがたまりやすくなるということも考えられるでしょう。
トイレが汚れやすくなるとメンテナンスを定期的にする必要がありますので、その分の手間を考えると、水の節約の効果がなくなってしまうかもしれません。
日本では水がとても身近なもので、安価で利用できるものとなっていますので、メンテナンスコストを踏まえると、しっかりと水を流したほうがよいのではないでしょうか。

さらに、ペットボトルで水量を調整するデメリットはこれだけではありません。
ペットボトルをタンクの内部に入れてしまうと、タンクの内部にトラブルが発生してしまう可能性もあるのです。
具体的には、内部で引っかかることによって、水が完全に止まらなくなるといったことも考えられます。
タンク内には、フロートによって水量を調整することもあります。

このフロートに異物が引っかかってしまうと、水が少量出っ放しになって、少しずつ水道代金がかさんでしまうのです。
タンク内に水が多すぎる場合は、オーバーフロー管を流れて、外部に放出されてしまいますので、どんどん水道料金が無駄になってしまうのです。

たくさんの水があふれるような場合はすぐに気づいて対処することができますが、少量がオーバーフローしている場合には、普段生活している中ではなかなか気づかないことが多いです。
ペットボトルには、このようなデメリットもありますので、安易に節水効果を狙ってタンクの内部に入れるのは好ましくないといえるでしょう。

水洗トイレ節水器ロスカットがオススメ

もし、ペットボトルを入れて節水をしようとしているのならば、メーカーから発売されている水洗トイレ節水器ロスカットを利用してみるのもよいでしょう。

水洗トイレ節水器ロスカットは、トイレを洗浄したり、汚物を流したりする水量には影響を与えず、水を流す際に、無駄に流れている部分のみをカットして節約をしようというものです。
トイレの能力を維持したまま節水することができますので、ペットボトルなどに比較すると、トラブルを避けたうえで、有効活用することができるでしょう。

具体的には、水洗トイレ節水器ロスカットは、少しトイレの水を止めるのを早くすることによって、節水をしてくれます。
ゴムアダプターや節水リングが含まれる商品で、簡単に取り付けることができます。
水洗トイレ節水器ロスカットの魅力は、なんといっても、水洗トイレを多数使っている施設で導入されている点です。

一般家庭に比べると、商業施設などでは、少しの節水の効果が大きいです。
トイレの台数分だけ節水効果を得ることができるので、高い節約効果を得られるというわけです。
そのようなプロたちも納得するような商品となっていますので、ペットボトルで節約しようと思っているのならば、水洗トイレ節水器ロスカットを利用してみるとよいでしょう。

水のトラブルでお困りなら

水のサポート高知は、高知市、南国市、四万十市など、高知全域の水のトラブルに対応しております。
日々、水のトラブル対処に関する技術を磨いておりますので、お客様のお困りごとをスピーディに対処することができます。

また、節水に関する相談についても対応することが可能なので、お気軽に相談してください。
万が一、ペットボトルなどをタンク内に入れてトラブルが発生した際にも、相談いただければ迅速に対応することが可能となっています。
どのような水関係のトラブルであっても対処できるだけの知識やスキルをもっておりますので、ぜひ水のサポート高知にご相談ください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076