水のコラム

給湯器の凍結に注意!破裂や水漏れを引き起こす前に対策しましょう

2021年08月23日  給湯器の凍結

給湯器の凍結で一番怖いのが水道管の凍結です。
給湯器本体の配管が破裂すると水漏れを起こしたり、内部の基盤が故障してしまうこともあります。
基盤の修理代は10万円以上かかる可能性もあるので、寒い時期は給湯器を凍結させないようにしっかりと対策することが大切です。

今回は、給湯器が凍結する原因と予防策を紹介します。
よく確認して、気温が下がる日はしっかりと対策しましょう。

給湯器が凍結するのはなぜ?

冬の時期に給湯器からお湯が出なくなった場合は、給湯器の凍結が原因だと考えられます。
給湯器が凍結してしまうのは、内部に残っていた水が気温の低下によって凍ったからです。水道管の凍結は、気温がマイナス4度以下になると起こりやすくなると言われているので、気温が下がる日は注意が必要です。

給湯器が凍結した時は、ぬるま湯をかけたり温めたりして解凍することで対処することができます。
しかし、給湯器内部の配管が破裂して水漏れを起こしている場合は、自分で対処することができないので、水道修理業者に修理を依頼する必要があります。

ただ、事前に適切な対策を行っていれば、給湯器内部の配管が破裂することはほとんどありません。
それよりも、給湯器周辺の水道管が凍結した際に、熱湯をかけて急激に温度を上げて破裂させてしまうなど、正しい知識のないまま間違った対処法を行うことの方が危険です。

給湯器内部の配管が破裂した場合、水道やガスの工事が必要になることもあり、修理に高額な費用がかかってしまいます。
そのため、給湯器周辺の水道管を凍結させないためにもしっかりと予防し、凍結してしまった場合も落ち着いて対処できるように知識を身につけることが大切です。

給湯器の凍結を防ぐにはどうしたらいいの?

給湯器の配管が破裂すると本体内部の故障に繋がり、修理費用が高額になることもあります。
このような事態を避けるために、しっかりと対策しましょう。

給湯器の凍結予防には「凍結予防機能を利用する」「水を流し続ける」「給湯器の水を抜く」」という3つの方法があります。
これらの方法を詳しく説明します。

・凍結予防機能を利用する
最近の給湯器は、給湯器側に「凍結予防ヒーター」、お風呂側に「自動ポンプ運転」という機能が組み込まれており、自動的に凍結を予防してくれます。

これらの機能を利用するには、給湯器の電源プラグがコンセントに差し込まれているか確認して、浴槽の水を循環金具よりも5㎝以上高い位置まで入れておきましょう。
電源プラグと浴槽の水を準備して、自動ポンプ運転を開始することで、給湯器と浴槽の水が循環されて凍結を防ぐことができます。

・水を流し続ける
給湯栓から水を流し続ける方法も凍結予防におすすめです。
温水の方が凍結予防には効果的ですが、ガス代や電気代に影響してしまいます。
水を流し続けるということで水道代も気になりますが、少量の水を出していれば良いのでそれほど影響はないでしょう。

凍結によって破裂させてしまった時の修理費用のことを考えれば、かなり安い料金です。また、浴槽に水を溜めておいて再利用すると無駄になりません。

・給湯器の水を抜く
ガス代、電気代、水道代が気になる場合は、給湯器の水を抜いておきましょう。
水を抜く方法は次の通りです。
ただし、機種によって手順が異なることもあるので、取扱説明書を見ながら行いましょう。

1.リモコンの電源スイッチを切ります。ただし、コンセントから電源プラグを抜いてはいけません。
2.ガス栓と給水栓の元栓を閉めます。
3.キッチンやお風呂、洗面所などの給湯栓を全て開栓します。
4.給水栓と給湯栓の水抜き栓を開けると水抜きすることができます。

しばらく家を空ける場合は、給湯器の凍結を防ぐために水を抜いておくことをおすすめします。

水道管が破裂してしまった時はすぐに専門業者に連絡!

給湯器の凍結はしっかりと対策することで予防することができます。
予防策として、凍結予防機能を利用する、水を流し続ける、給湯器の水を抜くという方法を紹介しました。

給湯器が凍結すると、水が使えなくて困るだけではなく、間違った対処法によって故障を引き起こすこともあります。
予防策はそれほど手間のかかることではないので、気温が下がる日は事前に対策しましょう。

また、凍結してしまった時の対処法としては、自然解凍されるまで待つかぬるま湯をかけることです。
水道管の負担を避けるには、自然解凍するのが一番です。
対処法として絶対にやってはいけないのは、水道管に直接熱湯をかけることです。
急激な温度変化によって水道管が破裂し、水漏れを起こしてしまいます。
配管の交換が必要になることもあり、自分では修理できないので、すぐに水道修理業者に連絡しましょう。

水のサポート高知が迅速・確実に解決いたします

高知県内で給湯器の凍結でお困りの方は、水のサポート高知へご連絡ください。
高知市をはじめとして、南国市、四万十市、香南市、香美市などの高知県内全域を対象に、水回りのトラブルに緊急対応しております。

電話受付は24時間体制で行っており、土日祝日問わず年中無休でいつでも駆けつけます。
経験豊富で専門的知識と技術を備えたスタッフが、親切に対応し迅速で丁寧な修理を行います。
水回りのことで気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076