水のコラム

冷え込む日は注意したい水道管の凍結

2021年10月22日  水道管の凍結

普段それほど寒さが厳しくない地域ほど、冷え込む日は水道管の凍結に注意が必要です。凍結する条件が重なれば、凍結してしまい、最悪の場合水道管が破裂することもあります。水道管が凍結する条件や、対処法を知って、凍結の予防や解消に役立てましょう。

水道管が凍結しやすい条件とは?

どのような条件のとき、水道管は凍結しやすくなるのでしょうか。水道管が凍結しやすくなる条件について見てみましょう。

・気温がマイナス4℃のとき
外気温がマイナス4℃以下になるとき、水道管が凍結する可能性は非常に高くなります。マイナス4℃以下になることが見込めるときは、事前に水抜きをしておくなど、凍結防止対策をしておくようにしましょう。気温がマイナス4℃より高い場合でも、場合によっては凍結する可能性があります。

・水道管が日の当たらない北側にあるとき
洗面所やトイレの蛇口など、北向きにある水回りは注意が必要です。日中でも日の光がなかなか差し込まず、夕方になると早々に冷え込んで、他の場所よりも水道管が凍結する可能性は高くなります。日の当たりづらい場所にある水道管は、注意して対策するようにしましょう。

・水道管がむき出しの場合
屋外で露出している水道管にも注意が必要です。壁や地面に埋め込まれている水道管に比べると気温の影響を受けやすく、凍結のリスクが高まります。マイナス4℃を下回りそうなときは、むき出しの水道管に保温材を巻くなどして凍結予防をしておくようにしましょう。

・水道管が風の当たりやすい場所にあるとき
水道管が風の当たりやすい場所にあると、外気温よりも温度が低くなり、凍結する可能性が高まります。日のあたる場所にあっても油断せず、冷たい風の当たりやすい場所に水道管がある場合は凍結防止対策をしておくのがおすすめです。

水道管が凍ってしまった場合の対処法

では、実際に水道管が凍ってしまったらどうすれば良いのでしょうか。水道管が凍ってしまった場合の対処法についてご説明します。

・溶けるのを待つ
一番手軽で、かつ安全な方法は、日が昇って水道管が溶けるのを待つ方法です。待つだけなので、手間はかかりませんが、水道管の凍結が解消されるまでは水道を使えないというデメリットもあります。早く水道を使えるようにしたいという方は、他の方法で解消するようにしましょう。また、凍った状態で無理に蛇口をひねると破損の原因になるのでやめるようにしましょう。

・ぬるま湯をかける
早めに水道管の凍結を解消したいという方には、ぬるま湯をかける方法がおすすめです。蛇口を閉めた状態にして、凍った水道管にタオルを巻き付けます。その上から、50℃程度にあたためたぬるま湯を少しずつかけ、ゆっくりと溶かしていきましょう。早く溶かそうと熱湯をかけてしまうと、水道管が破裂して変形してしまう可能性もありますので、お湯の温度には注意が必要です。

・ドライヤーであたためる
ドライヤーで凍結したドライヤーをあたため、解消するという方法もあります。ドライヤーの温風を凍ってしまった水道管に当て、少しずつ溶かしていきます。早く凍結を解消したいあまり、急速に溶かそうとすると水道管を破損してしまう可能性があります。様子を見ながら温風を当て、焦らず少しずつ溶かしていくようにしましょう。

水道管が破裂してしまったら?

水道管が凍結したとき、凍った水の圧力に耐えきれず水道管が破裂を起こしてしまうことがあります。凍結により水道管が破裂してしまった場合は、水道の元栓を閉めて水道修理業者へ連絡をしましょう。雪に埋もれたりなどして水道の元栓が閉められない場合は、破損した場所に布かテープを巻きます。布やテープでぐるぐる巻きにしておけば、少しでも水漏れの被害を防ぎます。

水道管が凍結するほど気温が下がった翌日は、あちこちで凍結や破裂が起きている可能性が高く、場合によっては水道修理業者に連絡がつながらない可能性もあるでしょう。気温がマイナス4℃を下回ったときは、早めに水道管の状態をチェックするようにしましょう。

水道管の凍結を防ぐために

冷え込むことが予想されるときは、事前に水道管の水抜きなどの対策をしておくことが大切です。水抜きの方法は、水道の元栓を閉めてから蛇口をひねって溜まっている水を出すだけです。手軽に行える予防法なので、冷え込む前にはぜひおこなっておきましょう。

また、水をポタポタと出しっぱなしにしておくことも有効です。出しっぱなしにしておくことで水が常に動いている状態になり、凍結を防げます。凍結しやすい水道管には保温材などを事前に巻き付けておくのもおすすめです。水道管は、凍結してしまってからでは解消するのは大変ですので、予防策はしっかりとしておくようにしましょう。

水回りのトラブルは水のサポート高知へ!

水のサポート高知は、高知市、南国市、四万十市、香南市、香美市、須崎市、宿毛市など、高知県全域の水回りのトラブルを解消しています。水道管の凍結が起きてしまったら、水のサポート高知にご連絡ください。お見積もりは無料で、保証制度もありアフターサポートも万全です。水回りのトラブルの際は、ぜひお気軽にお電話ください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076