水のコラム

洗面台の水垢をきれいに落とす掃除道具を紹介!

2021年10月28日  洗面所のお掃除

洗面台は毎日家族みんなが使う場所なので、掃除をしてもすぐに汚れが付いてしまいます。
特に、白くてウロコのような水垢が付きやすく困っている方も多いでしょう。

今回は、水垢を効率的に落とす掃除道具と、それを使った掃除方法を紹介します。

アルカリ性の水垢には酸性洗剤が効果的

洗面台に付いた水垢を落とすには、酸性の洗剤が効果的です。
洗面台に付く汚れは酸性とアルカリ性の2種類がありますが、アルカリ性の性質がある水垢を落とすには、反対の性質の酸性洗剤を使って中和させることが大切です。

家庭用の洗剤は中性のものが多いので、ゴシゴシ洗っても水垢をきれいに落とすことはできません。
中性洗剤で落ちない汚れも、酸性洗剤を使えば簡単に落とすことができます。
洗面台に酸性洗剤を使う場合、トイレ用洗剤だと刺激が強く洗面台の素材を傷める可能性があるので、お風呂用を使いましょう。

酸性洗剤を使って掃除するポイントは、水垢に洗剤を付けてしばらく時間を置くことです。
そうすることで汚れが緩んで落としやすくなるので、スポンジで軽くこすり洗いすれば簡単にきれいになります。
ただし、酸性洗剤は洗浄力が強く手肌への刺激が強いので、必ずゴム手袋を着用して使いましょう。

天然由来成分で安心して使えるクエン酸

クエン酸は酸性洗剤と同じ酸性の性質があるので、水垢を落とすのに効果的です。
クエン酸は水と混ぜてクエン酸スプレーにしておくと掃除に便利です。
作り方は、空のスプレー容器の中にクエン酸小さじ1杯と水200mlを入れてよく混ぜ合わせるだけです。

水垢が気になるところにスプレーし、その上からラップを貼り付けて約2~3分置いてクエン酸を浸透させます。
汚れが浮いてくるので水拭きしたら掃除完了です。
汚れが落ちにくい場合は、放置する時間を長めにして調整してください。

クエン酸は酸性洗剤に比べて洗浄力は低いですが、天然由来成分で安心・安全に使えます。刺激の強い洗剤は使いたくないという方におすすめです。

水だけで汚れを落とすメラミンスポンジ

「メラミンスポンジ」とは、メラミン樹脂という非常に硬い樹脂を細かい泡状に発泡させることで作られており、細かい網目によって汚れをかき取ることができます。

メラミンスポンジは、洗面台の蛇口や排水口周辺などステンレス素材の部分を中心に掃除しましょう。
洗面ボウルの場合、素材がメラミンよりも柔らかいと傷ついてしまう可能性があるので注意が必要です。
説明書を読んで確認すると良いですが、説明書が見つからない場合は目立たないところで試しましょう。

メラミンスポンジを使って掃除する方法は、メラミンスポンジに水をたっぷりと含ませてから軽く絞り、水の部分に当ててこすります。
軽い力でも汚れが浮いてくるので、最後に水拭きしたら完了です。
メラミンスポンジを水に濡らして絞る時、固く絞ると滑りにくくなって傷が付いてしまうので気をつけましょう。

洗面台の掃除を安全で効果的に行うために気をつけること

洗面台の水垢掃除を行う際は、次にことに注意しましょう。

・使った後に乾拭きして水分を残さない
水垢は水分が蒸発する際に、空気中の酸素や二酸化炭素と水分に含まれるミネラル成分が結合して作られます。
そのため、洗面台をどんなにきれいに掃除しても、水分が残ったままだと水垢はできてしまいます。
洗面台を使用した後や掃除が終わったら、必ず水分をしっかりと拭き取りましょう。
 
 
・混ぜてはいけない洗剤に注意
酸性洗剤を使う時は、塩素系の洗剤と絶対に混ざらないようにしなければなりません。
この2種類が混ざると、有毒なガスが発生する恐れがあります。
塩素系の洗剤を使う時は、必ず単体で使うようにしましょう。

また、酸性のアイテムとしてクエン酸やお酢、レモンなどを使用する場合も注意しましょう。
 
 
・ゴム手袋を着用して手肌を守る
洗剤の中には刺激の強いものもありますし、クエン酸でも肌が荒れてしまう人もいます。
掃除する時はゴム手袋を着けて行いましょう。

普段から水垢を発生させないようにしましょう

水垢は取り除くのが大変ですが、すぐに再発してしまう厄介な汚れです。
ただ、普段から水垢が発生しないように心がけることで、掃除の回数を減らすことができます。

例えば、洗面台に水分が残っていると、そこから水垢が発生してしまうので、洗面台に常に拭き掃除用のタオルを置いておくと便利です。
「洗面台を使った後は水分を拭き取る!」と家族でルールを作り協力して対策しましょう。

また、化粧品の油分や人の体から出る皮脂汚れなど、洗面台の排水口にも油汚れが流れていきます。
油汚れが溜まると水の流れが悪くなるので、表面に水が残り水垢が発生しやすい環境になります。
家庭用の洗剤でこまめに洗面台の掃除を行って、油汚れを溜めないようにしましょう。

水回りのトラブルは水のサポート高知へ

今回は、洗面台の水垢掃除について紹介しました。
水垢は厄介な汚れですが、日頃から掃除をしたり水分を拭き取ったりしていれば、頑固な汚れになることもありません。

しかし、水垢などの汚れによって洗面台の排水口が詰まってしまうこともあります。
汚れの程度によっては、自分で対処するのが難しいこともあるので、困った時はできるだけ早く水道修理業者に連絡しましょう。

水のサポート高知は、高知市を中心に、南国市、安芸市、高岡郡四万十町、土佐清水市など、高知県内全域の水道トラブルに対応しております。

年中無休営業しておりますので、困った時にいつでもご連絡ください。
経験豊富なスタッフがすぐに駆けつけます。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076