水のコラム

セスキ炭酸ソーダは重曹と何が違うの?キッチン掃除にはどちらを使えばいいの?

2021年10月28日  キッチンのお掃除

重曹やクエン酸を使った“ナチュラルクリーニング”が注目されていますが、最近、よく聞くようになったのが「セスキ炭酸ソーダ」です。
使いやすくて油汚れに効果的ということで、キッチンの掃除にピッタリです。

重曹も油汚れに効果的でキッチン掃除によく使われていますが、セスキ炭酸ソーダは重曹と何が違うのでしょうか?
そこで今回は、セスキ炭酸ソーダの特徴と重曹との違いについて紹介します。

セスキ炭酸ソーダの特徴

セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸ナトリウムの成分で構成されています。
重曹と同じアルカリ性ですが、セスキ炭酸ソーダの方がアルカリ度は高いため、洗浄力が高く頑固な汚れも落とすことができます。

また、質感は重曹と比べてセスキ炭酸ソーダはサラサラとしており、臭いもほとんどありません。
セスキ炭酸ソーダを掃除で使う人が増えたので、100円ショップやドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

重曹とセスキ炭酸ソーダの違いは?

重曹とセスキ炭酸ソーダは「アルカリ性の性質」や「キッチン掃除に向いている」など、似ている点の多い素材ですが、大きな違いもあります。
その違いはメリットとデメリットでもあるので、使い分けるポイントとして参考にしましょう。

・セスキ炭酸ソーダの方がアルカリ度が高い
重曹もセスキ炭酸ソーダも弱アルカリ性ですが、アルカリ度はセスキ炭酸ソーダの方が高いです。
そのため、重曹では落とせない頑固な汚れも、セスキ炭酸ソーダを使えば落とせる可能性があります。

「汚れが落ちやすいならセスキ炭酸ソーダを使えばいいのでは?」と思うかもしれません。
しかし、アルカリ度が高いだけに、素材を傷めてしまうこともあります。
肌荒れを起こす可能性もあるので、セスキ炭酸ソーダを使う時はゴム手袋を着用しましょう。

普段の掃除は重曹を使って、それでも落とせない汚れはセスキ炭酸ソーダを使うというように、汚れの程度によって使い分けると良いです。
 
 
・セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすい
重曹は水に溶けにくいですが、セスキ炭酸ソーダは溶けやすいという特徴があります。
セスキ炭酸ソーダは水と混ぜ合わせ、スプレーボトルに入れて掃除に使うことができます。
 
 
・重曹は研磨作用に優れている
セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、固まった汚れをこすり落とすのには向いていません。
一方、重曹は粒子が細かく水に溶けにくく、研磨作用に優れているのでクレンザーとして使うのに最適です。
キッチンシンクにこびり付いた汚れや鍋の焦げ付きを落としたい場合などに重曹が活躍します。

セスキ炭酸ソーダの便利な使い方と注意点

重曹は細かい粒子を活かして、クレンザーとしてこびり付いた頑固な汚れを落とすことができます。
一方、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすい性質からセスキ炭酸ソーダスプレーにして掃除できるので、キッチンの油汚れだけでなく、衣類のシミ抜きにも効果的です。

また、アルカリの力によって酸性汚れの臭いを分解できるので、高い消臭効果も期待できます。

・セスキ炭酸ソーダスプレーを作っておくと便利
セスキ炭酸ソーダと水を混ぜてスプレーボトルに入れておくと、掃除や消臭対策の際に便利です。
作り方は、スプレーボトルに水500mlを入れてセスキ炭酸ソーダ小さじ1~2杯加えて、粉っぽさがなくなるまで軽く振って溶かせば完成です。

使い方は、皮脂や油汚れなどの酸性の汚れが気になるところにスプレーを吹きかけて、数分放置して布巾で拭き取りましょう。
手作りのセスキ炭酸ソーダスプレーは長期保存には向いていないので、1~2週間で使い切ってください。
 
 
・セスキ炭酸ソーダを使う時の注意点
ただし、弱アルカリ性の性質があるセスキ炭酸ソーダを、アルミ素材、木製品、畳、天然石など天然素材やアルカリ性に弱い素材に使うと、シミができたり変色したりしてしまう可能性があるので使用は避けましょう。
家具や塗装面など、もともと水拭きできないものにも使わない方が良いでしょう。

また、アルカリ度の強いセスキ炭酸ソーダを使う時は、必ずゴム手袋を着用しましょう。
素手で長い間使っていると、手荒れを起こしてしまうことがあります。
素手で触ってしまった場合は、水でしっかりと洗い流しましょう。

ぬめりのようなものが残る場合は、お酢やクエン酸などの酸性のものを手に少量かけて、アルカリ性を中和させてください。ヌルヌルとしたぬめりがなくなってくるので、十分に水洗いしましょう。

さまざまな用途で使えるセスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは酸性の汚れに対して高い洗浄力があるだけでなく、小さじたった1杯でスプレーボトル1本分のセスキ炭酸ソーダスプレーができるというコスパの良さも魅力です。

また、キッチン掃除、洗濯、消臭対策などさまざまな用途にも使えるので、家計に優しい素材としておすすめです。
セスキ炭酸ソーダを使用する際の注意点をよく確認し正しい使い方を守って、家中清潔でピカピカな状態を保ちましょう。

水回りのお困りごとは水道修理業者に連絡

今回は、キッチン掃除に役立つセスキ炭酸ソーダと重曹について紹介しました。
これらの素材を上手に使って汚れを寄せ付けないキッチンにしましょう。

ただ、キッチンにはさまざまな汚れが溜まるので、水漏れや詰まりなどのトラブルを引き起こすことがあります。
もし、水回りのトラブルで困ったことや心配なことがあれば、水道修理業者に連絡しましょう。

高知でお困りの方は、高知市、南国市、四万十市を中心に高知県全域で水のトラブルに対応している水のサポート高知にご連絡ください。
ご相談や修理の受付は年中無休24時間体制で承っております。

出張お見積りも行っており出張費や点検費など一切無料ですので、水回りのことで気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076