電話して相談する

水のコラム

キッチンの詰まりに効く!原因別セルフ解決方法

2021年01月22日  キッチンのトラブル

毎日の食事に欠かせないキッチンのトラブルは即、家族の大問題!その中でも、排水管の詰まりは食品を扱う場所なだけに、衛生上も気になりますよね。
今回は排水管の詰まりに効く、ピーピースルーの使い方をご紹介します。

キッチンの排水管が詰まる原因とは?

洗面所、お風呂、トイレと、家の水回りはキッチンだけではありませんから、排水管の詰まりは、どの水回りでも起こりえます。しかし、使う頻度や目的によって、排水管の詰まりの原因は違います。
キッチンの排水管が詰まる原因には、大きく分けて、

・汚れ
・固形物

の2つがあります。

汚れとは、料理で使う油、食材の欠片、洗剤や石鹸カスなどです。これらは排水管を通って、通常なら下水管へと流れていきますが、長年使っているうちに、排水管に付着し、そこに細菌やカビが繁殖してヌメリとなり、やがて排水管の幅を狭めてしまいます。排水溝からのぼってくる悪臭の原因でもあります。

固形物とは、ゴミ受けのネットから抜け落ちたビニールやプラスチックの破片や、掃除中に誤って落としたスプーンやフォークなどの金属などです。キッチンの詰まりを解消したい場合は、まず何が原因で排水管が詰まっているのかを確認し、原因に合った対処をする必要があります。誤った対処法では、詰まりが改善しないからです。

「汚れ」の詰まり解消方法

油や洗剤カスなど、有機物によって排水管が詰まっている場合には、有機物を分解したり、浮き上がらせたりすることで、詰まりを解消できます。

例えば、ナチュラルクリーニングの代名詞とも言われる、重曹+クエン酸。重曹を排水管に投入し、クエン酸を重曹の倍の量投入、その後ぬるま湯(50度程度)をゆっくりと流し込むことで、炭酸ガスの泡が出てきます。この泡が汚れを浮かせるので、泡の勢いが弱まるまで放置したのち、お湯をかけて洗い流せばOKです。

また、パイプクリーナーを使って詰まりを分解する方法も有効です。粉末、液体、ジェル状など、色々な形状のパイプクリーナーが販売されていますが、汚れに密着しやすいジェル状のパイプクリーナーが人気のようです。
ここでは、その中でも最強といわれる「ピーピースルー」をご紹介します。

「ピーピースルー」とは?

とても個性的な名前のパイプクリーナーで、一度耳にすると忘れられないインパクトがありますが、実はこのクリーナー、プロの清掃業者が使う強力なものなのです。

何種類かのピーピースルーが存在していますが、最も強力な「ピーピースルーK」は、購入に際し手続きが必要なほどの劇薬!
もちろん家庭用ではなく、業者向けの商品です。家庭用として購入できるのは、「ピーピースルーF」というものですが、それでも手に付いたりすると火傷をしてしまうので、注意が必要です。

ピーピースルーがすごいのは、

・発熱することで、汚れの軟化や溶解を促進する。
・アルカリ成分が、油脂やたんぱく質の汚れを分解する。
・酸素が有機汚れを分解し、除菌・消臭する。
・発泡することで、汚れを浮かして流す。

この4つの力で詰まりを解消する点です。

ピーピースルーの使用法はこんな感じです。

1.排水口の回りを囲むように、ピーピースルーをまく(約150g)。
2.薬剤の外側から、お湯(40~50度)を静かに注ぎ入れる(約500~600ml)。
3.30分~1時間程度放置する。
4.薬剤を水で流す(10~20L)。

ピーピースルーは強アルカリ性で、皮膚に付くと炎症を起こすので、使用する際は必ずゴム手袋を着用して下さい。また指定されたお湯の温度や量を守りましょう。
より効果を大きくしたい場合は、一晩放置してから流すといいでしょう。

「固形物」の詰まり解消方法

固形物の場合、汚れを浮かしたり、溶かしたりする重曹やパイプクリーナーでは、詰まりを解消することができません。このような場合は、ラバーカップ(スッポン)を使って詰まったものを取り出すか、排水管を分解して取り出す方法しかありません。

ラバーカップとは、柄の先にゴム製のじょうごのような形のものが付いている道具で、キッチンだけでなく、トイレや洗面所などの排水管の詰まりを解消するためにも使えます。

使い方は、排水口にラバーカップを空気が入らないようぴったりと押し付け、カップが浸るくらいの水をシンクに溜めます。次に、ゆっくりとカップを押し込み、一気に引き抜きます。これを何度か繰り返すことで、排水管に詰まっているものを取り出すことができます。

排水管は構造上、下水管から上がってくる臭いや害虫の侵入を防ぐため、途中でSを横にしたような形に曲がり、水が溜まるようになっています。その部分に清掃口があるものなら、バケツなど、水を受けるものを下に用意し、清掃口のねじを外し、そこに溜まっている固形物を割りばしなどで掻き出しましょう。清掃口がなければ、工具を使って排水管を分解すれば、固形物を取り出すことができます。

しかし、慣れない人が排水管を分解すると、組立が上手くいかず、水漏れなど新たなトラブルを起こす原因ともなるので、自信のない方にはあまりおすすめできません。キッチンの排水管の詰まりは、汚れならパイプクリーナーや重曹、固形物ならラバーカップや排水管の分解清掃で解消できます。

ただ、症状がひどい場合や自力での対応に自信のない方は、ぜひ「水のサポート高知」にご連絡下さい。
24時間365日受付で見積り料金は無料、高知市、南国市、四万十市、香南市をはじめ高知県全域で迅速に対応させて頂きます。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076