電話して相談する

水のコラム

トイレにうっかり流すと詰まりの原因になるモノはこんなにあります

2021年02月04日  トイレのトラブル


 

家庭でもっとも詰まりやすい場所はトイレ

トイレが頻繁に詰まって困っているという家庭は少なくありません。詰まる原因は至ってシンプルで、何かを流してしまったからです。便器詰まりのなかでよく発生するのは、トイレットペーパーを流してしまうことでしょう。
 
確かにトイレットペーパーはティッシュペーパーと違って水に溶ける性質がありますが、際限なく溶けるわけではありません。また正確にいえば溶けるのではなく、繊維がほぐれるという表現が適切です。
 
流せるトイレクリーナーやお掃除シートに関しても流せるタイプなら大丈夫ですが、枚数が多くなると危険です。流す枚数は1枚に抑えておくのが好ましいですし、そもそも流れが悪くなっているトイレには流さないほうが無難かもしれません。
 
これらが詰まった場合は、少し時間を置けば流れることが多々あります。ぬるま湯を少し入れれば繊維がほぐれやすくなります。どうしても流れない場合は、パイプ洗浄剤を使用する方法がおすすめです。
 

基本的に紙類や繊維質などは落とさないように

もともとトイレに流してもよいのは、原則として排泄物とトイレットペーパーだけです。それ以外のものは詰まる確率が高いので、紙類や繊維質などは流さないようにしましょう。生理用ナプキン、おむつ、ハンカチなどは溶けないので注意してください。うまく流れてくれれば問題ありませんが、流れない可能性が高いのは間違いありません。
 
特にトイレが古くなってくると、詰まりの原因になりやすいので注意しましょう。赤ちゃんのおしりふきなども、おしり清掃のついでにそのまま捨ててしまう人がいますが、詰まりを招きやすいです。これらがまだ目で確認できる場所にあるならば、ゴム手袋を装着して手で引っ張り出すのが得策です。
 
そのまま運にまかせて流してしまうと、深部で詰まってしまう可能性があります。便器の入り口で詰まっている分にはまだよいですが、排水管まで到達してしまうと厄介です。そうなればワイヤーブラシなどの専用器具を使用して取り除く必要性が出てきます。自分で取り出せないと感じた場合は、速やかに水道会社に依頼してください。
 

溶けないものは絶対に流さないのが基本

携帯電話やスマホ、ライターなどはうっかり落としてしまう事例が少なくありません。ズボンのポケットにこれらを入れている人だと、便座に座ったときに落とすことがあるのです。トイレの水を流す前に便器内を確認しない人は意外と多く、そうした場合はそのまま流してしまうことになります。消臭剤のキャップもよく落とすケースがあり、トイレ用の消臭剤を設置する際に起こりやすいです。また、赤ちゃんがいたずらをして、おもちゃを流してしまうケースもあります。
 
こうした不溶物は時間が経過しても溶けることはありません。うっかり流してしまっても、トイレを問題なく使用できる状況なら特に問題はありませんが、水の流れが悪くなっていたり、異音がしたりする場合は注意してください。
 
どこで詰まっているのか判断できない場合は、速やかに水道会社に連絡しましょう。詰まりが重症化すればするほど、復旧に時間と費用がかかるからです。自分で試すのであれば、スッポンで引き上げる方法があります。スッポンがダメならば、真空式パイプクリーナーやワイヤーブラシなどの使用を検討してください。道具を変えることによって、無事に取り出せるケースは少なくありません。
 

流してもよさそうで実はダメなもの

ペットのトイレ砂や食べ残し、嘔吐物などは流して問題ないと思うかもしれません。二日酔いなどで気持ち悪くなったときは、取りあえずトイレに行くという人は多いでしょう。これらを流しても普通に流れることはありますが、本来はトイレに流すべきものではありません。詰まりの原因を招きますから、くれぐれも注意しましょう。
 
ペットのトイレ砂やペットシートなどは、流せるタイプであっても量が多いと詰まることがあります。ペットの排泄物に関しても同様で、人間のそれとは性質が違うので詰まりやすいです。
 
トイレ詰まりが発生すると、水位が上昇したり、水が溢れたりします。異音なども含めて、いつもと違うと感じたら注意してください。水位が上がっている状態でさらに追加で流そうとすると、トイレ内を水浸しにしてしまう可能性があります。
 
こうした場合は30分程度時間を置いてみて、再び水位を確認するなどの処置を取りましょう。ここで水を流して再び水位が上がるようならば、迷わず水道会社に連絡してください。水道会社は適切な専用道具を使用して詰まりを解消してくれます。
 
便器が古くなっている場合は、便器交換をしたほうがいい場合があります。便器の寿命は15年程度であり、古くなるほど詰まる可能性が高くなるのです。
 
水のサポート高知では、高知市のほか南国市や香南市、四万十市などの高知県全域で水トラブルの解消に努めています。
電話でお問い合わせをくだされば、弊社スタッフが素早く駆け付けて対処いたします。原因に応じた対応が得意ですから、困ったときはぜひ当社をご利用ください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076