電話して相談する

水のコラム

トイレにスマホやガラケーが落ちた時の対処法とは?

2021年03月21日  トイレのトラブル

トイレに携帯電話を落としてしまったらどうする?

トイレに行く際はできれば無駄なものは持ち込まずに利用することが望ましいですが、ついつい手に持っていたスマホをズボンのポケットや胸のポケットに入れてしまう方も多いです。

コロナ等の感染対策のためにもできればスマホなどはトイレの中に入れない方が安心ですが、それでも持ち込んでしまった場合誤ってトイレの便器内にガラケーやスマホといった異物を落としてしまう方は少なくありません。
うっかりしゃがみこんだ時、立ちあがった時などに落としてしまうケースがあります。

便器の中にもしもガラケーやスマホを落としてしまったら、まずやってはいけないことがあります。それが水を流すという行為です。

物を落としたら水は流さない

用を足した後に落としてしまった場合は衛生面が気になるからと思わず水を流してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、水を流してしまうとさらに奥にスマホやガラケーを押し込んでしまう形になります。
そうすると本当であれば簡単に拾うことができそうだったものがさらに押し込まれてとれない状況になってしまいます。

そのため、ガラケーやスマホを落としたら、水に流すのはやめましょう。
ガラケーの場合はスマホに比べて幅が狭いスリムな商品が多いので、便器に落ちるとスマホに比べて奥に行きやすいです。

一方で今普及が広がっているスマホは幅が広く大きなインチのスマホを利用されている方も多いのでさほど奥まで入り込んでいく心配はないでしょう。
まず便器の中にスマホやガラケーを落としてしまったら、ロングタイプのゴム手袋をして取り出すと良いでしょう。
また、取り出す際はトイレの止水栓を閉めてから作業を行い、防水機能のないスマホやガラケーの場合は便器の中の溜まった水をできる限り灯油ポンプや使い捨てコップなどで取り除きましょう。

奥に流れてしまった携帯電話はどこにある?

反射的に水を流してしまった場合、スマホやガラケーが手袋をして届くような場所には既にない場合があります。
この時、携帯電話はどのあたりまで進んでいるのでしょうか。
便器の構造として、内部には下水からの臭いを防ぐために水が溜まっているトラップと言う部分があります。
このトラップ部分に引っかかっているケースが非常に多いので、特にサイズが大きめで幅が広めのスマホであればトラップ内にとどまっていることが多いです。

トラップに詰まっている場合は、便器を取り外さなくてはなりません。
トイレの止水栓をまず止めてから便器を外す作業となりますが、素人がやっていては衛生面も影響があるだけでなく元に戻せなくなったりなどして収拾がつかなくなる恐れがあります。

このような時は、水まわりのプロである水道専門業者に依頼するようにしましょう。
下手にご自身でやってしまうとうまく取り付けられたと思っていてもうまくできておらず、さらなるトイレのトラブルを起こしかねません。
そうなると結局水道業者に依頼しなければならなくなりますので、異物を落としてしまって手で取り出せない時はプロに相談しましょう。

固形物のつまりにラバーカップはNG

トイレのつまりにはラバーカップが用いられることは有名ですが、これはあくまで水に溶けるトイレットペーパーや糞便の詰まりです。
いわゆる水に溶けない固形物をラバーカップで引き出そうとしても逆効果で、逆に奥に追いやってしまう可能性が非常に高いです。
スマホやガラケーといった固形物を落とした際は、決してラバーカップを使用しないように気をつけましょう。

鍵やハンカチも注意しましょう

胸のポケットやボトムスのポケットに入れた鍵やハンカチなども落としやすいです。
誤って落としてしまったらこの場合も決して水に流さないようにしましょう。
ハンカチの場合は、布なので洗濯すればよいですがあまり衛生面でも洗うのは心配な方も多いでしょうからできれば処分した方が安心です。

もしお気に入りのものであったり、大切なハンカチであれば、まずは手洗いできれいにしてから洗濯をして、直射日光で天日干しでも構いませんが、よほどのことがない限りは布製品のものは捨てた方が賢明です。
鍵は洗えるのでスマホも同様ですが、石けんで良く洗い、濃度の高いエタノールをたくさん吹きかけておくと安心です。

スマホが使える確認する際に注意するべき点

スマホを落としてしまったらきれいに石けんで洗ってからすぐに電源を付けてはいけません。
スマホの内部に入った水気がない状態にしてから電源を入れる必要があります。
水の入っている状態で電源を入れると電気回路がショートしてしまう可能性があるので故障の原因になります。
必ず外側の水気をとったら、しばらく自然乾燥して置いておきましょう。
ジップロックなどにスマホと乾燥材を入れて置いて3日程度置いておくと良いでしょう。
完全に乾いた状態で電源を入れてデーターが大丈夫か確認しましょう。

トイレのトラブルは水のサポート高知にお任せください

水のサポート高知は、高知市、土佐市、室戸市、安芸市など高知県全域において水まわりトラブルの解決に向けて24時間年中無休で対応しております。

今回ご紹介したようなトイレに携帯電話など異物を落としてしまったといったケースは、トラップの方に流れているケースもありますのでぜひ当社へご相談ください。
お見積もり無料で対応いたします。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076