電話して相談する

水のコラム

水回りの衛生環境を整える!コロナ対策で取り入れたい掃除のコツ

2021年03月26日  新型コロナウイルス

新型コロナウイルス対策
職場や家庭内感染を防ぎたい!新型コロナで社会の衛生意識が高まっている昨今、職場や家庭内で努力している人がほとんどです。
水回りの念入りなお手入れも感染防止に役立ちます。効果的なお手入れ方法を生活に取り入れましょう。

職場内・家庭内感染しやすい水回りは?

外ではソーシャルディスタンスやマスク着用でコロナウイルスの持ち込みを防いでいる人も多いでしょう。室内でも様々な努力が行われています。

1.洗面台回りは水を拭き取る
手洗い・うがいの励行で、水回りを使うことが以前より増えています。
しかしこの水回りも、清潔にしておかなければ感染源になりかねません。手洗い・うがいのときに飛沫が飛んだら、使い捨てのペーパータオルで綺麗に拭き取るだけでも感染防止になります。
蛇口のタイプによってはあまり触れなくても水を出しやすいものがあります。
もしも衛生的な心配があるのなら、蛇口の取り替えを検討することも視野に入れましょう。

2.トイレは小まめな掃除と換気を
コロナウイルスに限らず、ウイルスは排泄物にも潜んでいます。
トイレで感染するケースが考えられます。
トイレ掃除もウイルス対策に合わせた方法にシフトしましょう。
また、マスクと手袋は必須です。

通常通り掃除をして綺麗にしたあと、アルコール消毒ができる部分は徹底的におこないます。
アルコール製品が足りなかったり、アルコールで変質してしまう場所には界面活性剤入りの洗剤を用いると効果的です。
界面活性剤は食器用洗剤やシャンプーに使われている安全な物質です。
壁や床についても変質させませんので、問題なく利用できます。
食器用洗剤を水で薄め、スポンジや布、ペーパータオルなどに含ませて拭き上げましょう。
もちろん拭いた道具は廃棄してください。

窓があるトイレなら、できる限り開けておくようにするとウイルスを外に追い出しやすくなります。換気扇を回すだけでも充分に効果的です。
そしてもし、トイレの調子がおかしいな?と感じることがあれば、すぐに確認することをおすすめします。
流れにくい、詰まっているかも、排水管の回りが湿っぽい…など、このような状態はトイレのトラブルが起きかけています。
トイレでトラブルが起き、万一溢れたりしてしまうと、汚水が周辺に飛び散って大変なことになりかねません。
感染の心配が増大してしまいます。どんなに小さなことでも異常を感じたら、よく観察してメンテナンスをおこないましょう。

浴室も油断できない場所

お風呂に入って身体を洗うのは、新型コロナ対策に欠かせない方法です。
実際、肌や髪についたウイルスは水で流し落とすことができます。
石鹸やシャンプーの効果も絶大です。また、体温を上げると、新型コロナに限らず、病気にかかりにくくなります。
しかし、お風呂も感染対策を視野に入れた掃除が必要です。
お風呂に入ること自体はまったく問題なく、むしろ有益です。しかし風呂椅子やドアノブ、スポンジやタオルの使用については気を付けたほうが良いでしょう。
風呂椅子をはじめ、共用しがちなものは使うたびにお湯をかけて汚れを落としましょう。

掃除のときに除菌することもおすすめします。
ドアノブはとくに多くの人が触れる部分です。
アルコールや界面活性剤でしっかり消毒します。

また、タオルやボディスポンジの共用は控えましょう。
誰もコロナにかかっていないとしても、予防として取り入れたい習慣です。
浴室の床や壁には皮脂や汗、流れ切れなかった石鹸カスがこびりついています。
この中にウイルスが潜んでいることもあるため、しっかり流し落とす必要があります。
トイレと同様、手袋とマスクをして掃除をしましょう。

そしてやはりトイレのように、換気は非常に重要です。窓があれば窓を開け、なければ換気扇を回して空気を入れ換えます。
空気中のコロナウイルスは3時間ほどで死滅しますが、家の中に存在されると気分が良くありません。積極的に追い出してしまいましょう。
水回りだけではなく、家全体の換気も心がけてみてくださいね。

不具合を見つけたらすぐに手入れを

トイレの項でもご説明しましたが、浴室もキッチンも、そして洗濯機の排水も、不具合を感じたらすぐにチェックし、手入れすることをおすすめします。
新型コロナウイルスをはじめ、多くの感染症対策において、清潔な環境で水が利用できるかどうかは非常に重要です。
トイレや浴室はもちろん、キッチンや洗濯関連にもし不具合が生じ、食器洗いや洗濯が思うようにはできないと、コロナ対策がいっそう大変になります。

キッチンはシンク下の排水関連にトラブルが出やすく、詰まりや水漏れの気配を感じたらメンテナンスのタイミングです。
洗濯は排水関連に注目し、詰まっているような感覚があったらやはりメンテナンスが必要です。
いずれも本格的なトラブルになる前に対応すると、ほんの少しの時間で完了します。
また、自分で対応できることも多いため、必ずしも水道修理業者を呼ぶ必要がありません。
どうしても無理だと思ったときに呼ぶと良いでしょう。

衛生配慮のためにも水回りのトラブルを放置しないで

個人でできる新型コロナ対策は様々ですが、中でも衛生面の配慮はとても重要です。
衛生環境を保つためには快適な水回りが必須です。

高知市に拠点を置く水のサポート高知では、南国市、安芸市、宿毛市、吾川郡いの町など、県内の多数のエリアに出張し、快適な水回りを整えるお手伝いをしています。
水回りのトラブルに限らず、新型コロナ対策のために水回りのメンテナンスをしたい、点検をしておきたいというご相談なら、ぜひともお声掛け下さい。
スタッフ全員が会社規定の健康管理、消毒、マスク・手袋着用など感染予防対策を実施したうえで24時間365日年中無休でご相談をお待ちしております。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076