水のコラム

トイレが詰まってしまう主な原因と、自分で直せる場合の修理方法

2021年06月10日  トイレのトラブル

「トイレの水が流れない!」「便器の汚水がこぼれそう!」など、毎日使うトイレはトラブルが起きやすいです。また、突然のトラブルでトイレが使えなくなったら困ってしまうでしょう。しかし、急いで自分でなんとかしようとして、トイレの詰まりの修理について知識がないのに無理に直そうとすると、詰まりを悪化させたり、破損させたりしてしまう可能性もあります。

そのため、正しい修理方法を知っておくことが大切です。今回は、トイレが詰まった時の対処法と予防法を紹介するので、もしもの時に備えましょう。

トイレが詰まる原因

トイレの排水路はカーブ状になっており、便器内に水が溜まるようになってします。この構造によって、下水管から臭いや虫が上がってくるのを防いでいます。しかし、大量のトイレットペーパーや固形物が流されると、排水路のカーブを流れきれず、“せき”の部分で詰まってしまいます。また、もっと奥の排水管で詰まっている場合もあります。

トイレの詰まりの原因となるものは、次に挙げるものが多いので、よく確認して流さないように注意しましょう。

・大量のトイレットペーパー
トイレの詰まりの原因で多いのがトイレットペーパーです。トイレットペーパーの繊維は細くて短く水に溶けやすくできていますが、一度に大量を流すと便器内で詰まってしまいます。

・ティッシュペーパー
ティッシュペーパーもトイレットペーパーと同じようにトイレに流せると思っている方もいるかもしれません。しかし、ティッシュペーパーは水に溶けないので、詰まりを起こす可能性があります。

・「トイレに流せる」と記載のある商品
「トイレに流せる」とパッケージに記載のあるお掃除シートや赤ちゃんのおしりふきでも、一度にたくさんの量を流すと、詰まりの原因になってしまいます。トイレに流せるティッシュペーパーでも、少量ずつ流すようにしましょう。

・おむつや生理用品
おむつや生理用品は吸水性の高い素材を使っています。そのため、トイレに流すと水分を含んでどんどん膨張し、詰まりを起こしてしまいます。

・固形物
スマホやペンが胸ポケットからトイレに落ちたり、子供がプラスチック製のおもちゃを落としたりすることもあるでしょう。すぐに取り出せば良いのですが、奥まで流れてしまい詰まってしまうこともあります。

トイレの詰まりは自分で直せるの?

トイレの詰まりを自分で直せるのは、詰まりの原因がトイレットペーパーの場合です。ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使えば、効率よく詰まりを解消させることができます。しかし、詰まったものが水に溶けないものや固形物の場合は、自分で取り出そうとせずに、水道修理業者に連絡しましょう。

業者に依頼すると費用がかかりますが、無理に自分で直そうとして詰まりを悪化させたり、便器や排水管を破損させたりして、結局、高額な修理代がかかってしまう可能性もあります。また、詰まりの原因が排水管の経年劣化の可能性もあるので、困った時は専門業者に調査してもらいましょう。

自分でできる詰まりの直し方

トイレットペーパーが詰まった場合の直し方を紹介します。

・ラバーカップを使う
トイレの詰まりを直す方法として、まず思い浮かべるのがラバーカップでしょう。軽度の詰まりなら、ラバーカップで解消できる場合がほとんどです。ただ、ラバーカップの使い方を間違っている人が多いようなので、正しい使い方を確認してください。

1.トイレの周りに汚水が飛び散らないように、床を新聞紙やビニールシートなどを敷いておきます。
2.便器の水位が高いとラバーカップを入れた時に汚水があふれてしまうので、灯油ポンプや紙コップなどで水を出し、便器上部から10㎝程度低い水位になるようにしましょう。逆に、水位が低すぎるとラバーカップが使えないので水を足しましょう。
3.汚水の飛散を防止するために、ビニールシートやビニール袋の真ん中に穴を開けて、その穴にラバーカップの柄を通し、便器をビニールで覆います。
4.ラバーカップの先端を便器内の排水口にゆっくりと押し込んで密着させ、勢いよく引っ張り出します。詰まりが解消されるまで数回繰り返しましょう。
5.詰まりが解消されたら、バケツに入れた水をゆっくり流しスムーズに排水されたら完了です。

・真空式パイプクリーナーを使う
真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりも吸引力が強いので、ラバーカップでは取り除けない詰まりも解消できる場合があります。

1.ラバーカップと同じように、水の量を調整します。
2.ハンドルレバーを押し下げた状態で、カップを便器の排水口に隙間ができないように密着させます。
3.ハンドルレバーを勢いよく引き上げます。一度で詰まりが解消されない場合は、何度か繰り返します。

トイレットペーパー以外のものを流した場合は専門業者に相談

今回は、トイレが詰まる原因と、詰まりを自分で解消する方法について紹介しました。トイレの詰まりの原因は溶けきれなかったトイレットペーパーの場合が多く、その場合はラバーカップや真空式パイプクリーナーを使うと、効率よく解消させることができます。

しかし、水に溶けないものが詰まりの原因の場合は、これらの道具を使っても詰まりを解消させることができません。それどころか、詰まりの症状を悪化させてしまうことがあります。そのため、自分で修理するのが難しいと思ったら、専門業者に相談することをおすすめします。

水のサポート高知は、高知県を中心として高知県内全域の水回りのトラブルに対応しています。24時間年中無休で修理のご依頼を受け付けておりますので、突然のトラブルでお困りの場合も安心してご連絡ください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076