水のコラム

シンクからの水漏れが起こった際の対処法

2021年09月12日  キッチンの水漏れ

キッチンの床がなぜか濡れているときは、シンクからの水漏れの可能性があります。
今回はシンクからの水漏れの原因と対処法をご紹介します。

水漏れを放置してはいけない理由

シンクから水漏れが起こったとしても、水漏れの量が少量で「あれば少しくらいなら大丈夫か」と考える人も少なくないでしょう。
確かに水を拭き取ってしまえば、問題ないと思うかもしれません。

しかし、水漏れを放置していると見えない問題が起こるのです。
水漏れは水分であるため、シンク下のスペースの木材を腐食してしまい、水漏れを直す以上の修理代が必要になってしまいます。

さらに腐食と同時に湿気がカビを発生させるのです。
カビはダニの餌となり、家の中でも衛生的に保ちたいキッチンを不衛生な状態にします。
水漏れを放置するとこのようにさまざまな問題を引き起こします。

水漏れの原因を特定する

水漏れが起こったらまずは、水漏れの原因を特定しましょう。
原因が分からなければ対処できません。

水漏れを発見したら、まずは水栓蛇口を締めましょう。
これを行うことで、水漏れの水源が給水管か配水管かどうかがわかります。
水栓蛇口を締めたのに水漏れが続くようであれば、原因は給水管になります。
給水管からの水漏れは素人では対処が難しいため、プロの水道業者に依頼しましょう。

もし、そうでなければシンクや排水管周りからの水漏れと判断できます。
それではシンクにどのような問題があれば、水漏れが起こるかをご紹介していきます。

・シンクに穴が空いている
最もわかりやすい原因はシンクに空いた穴です。
シンクを隅々までしっかりと確認しましょう。
シンクの多くはステンレス製であるため穴が空くのは想像しづらいかもしれません。

しかし、シンクに長い間ものを置いたり、過度に塩素系の洗剤を使用したりすると、ステンレス材の酸化皮膜がなくなってしまいます。

酸化被膜とはステンレス材がサビに強い理由である薄い膜のことです。
三角コーナーや洗い物用の桶の下にサビが発生して穴が空いていないかを確認しましょう。

また、最近は大理石のシンクもあります。
大理石のシンクは衝撃でヒビが入って水漏れが起こることがあるので、ヒビがないかを確認しましょう。
ライトを当てるとヒビが見えやすくなります。
これらのようにシンク自体に損傷がある場合は自力での解決は難しいので業者に依頼しましょう。
 
 
・シンク下の収納の天板から水漏れが起こっている場合
シンクの収納の下を確認して天板から雨漏りのように水漏れが起こっているケースです。
この場合は、シンクとシンク台の間のコーキング材の劣化が原因です。
劣化したコーキング材の隙間から排水が漏れてしまいます。

コーキング剤はホームセンターなどで購入できますが、劣化箇所を自力で見つけて修理するのは難しいです。
仮に劣化箇所を見つけて修理できたしても、他の古い部分のコーキング剤が劣化するのは時間の問題です。
もしコーキング剤の劣化が起こった場合は業者にすべて直してしまったほうが再発防止になります。
 
 
・シンクと排水管の間にある排水トラップのパッキンが劣化している
シンクの下を開けて排水トラップから水漏れが起こっていれば、その内部のパッキンの劣化が原因である可能性が高いです。
そのパッキンから水が漏れてしまっているので、新品のパッキンに交換することで解決します。
交換方法は後ほどご紹介します。

自分でできるシンクの水漏れ解決法

先程ご紹介したようにシンクからの水漏れで自力対応できるものは排水トラップのパッキンの交換があります。
それではパッキンの交換方法をご紹介します。

・準備するもの
パッキンの交換に必要な道具は以下のものとなります。
交換するための新品のパッキン、タオル、モンキーレンチ、ゴム手袋です。

交換する新品のパッキンは、インターネット通販やホームセンターで手に入ります。
パッキンは排水トラップによって大きさが異なるので、不安であればパッキンを取り外したあとに大きさを測りましょう。

ホームセンターであれば店員さんが同じサイズを持ってきてくれます。
一緒に必要な工具をそろえることもできるのでホームセンターでの購入がおすすめです。
 
 
・交換方法
まずは排水管内の水が溢れ出てもよいように、シンク下の収納の床にタオルを敷きましょう。
次は排水トラップの下のナットを取り外しましょう。
ナットに手をかける前にゴム手袋をつけてください。
排水管内の汚水が手についてしまうことがあります。

ナットは手で回して外れるものと、モンキーレンチのような工具が必要なものがあります。
ナットの内部にゴム製の劣化したパッキンがありますので、新品のものと交換しましょう。
あとは先程外したのと同じようにナットを取り付けてください。

取り付けが完了したら、シンクから水漏れが起こらないか水を流して確認しましょう。
水漏れが起こらなければ修理完了です。

自力で解決できないときは

自力で修理をする自信がなく、修理してもうまく行かない場合は水道業者に依頼しましょう。
水漏れにはさまざまな原因があるものです。
プロの水道業者であれば、原因の特定から修理までを行ってくれます。

また、再発しないようにする使用上の注意も教えてくれます。
安心して依頼しましょう。

水漏れが起こったら水のサポート高知へご連絡ください

水のサポート高知は高知市や南国市、四万十市、吾川郡いの町、須崎市、宿毛市など高知県を中心に営業している水道業者です。

水漏れが起こったら水のサポート高知へご連絡ください。
経験豊富なプロのスタッフがお伺いし水漏れを解決いたします。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076