水のコラム

便器のヒビ割れは自分で直せるの?正しい対処法を紹介します

2021年09月17日  トイレの直し方

トイレの便器は耐久性があるので、ヒビ割れすることはほとんどありません。しかし、使い方やお手入れのやり方を誤ると、ヒビが入ることもあります。今回は、便器がヒビ割れした時にどうしたらいいのかについて詳しく解説します。

便器がヒビ割れする可能性のある行動

トイレの便器に使われている素材は「陶器」で、耐久性が高く経年劣化もしにくく、衛生面にも優れているので、突然ヒビ割れが起こることはほとんどありません。しかし、次の3つの行動が原因でヒビ割れする可能性があります。

・便器を踏み台として上に乗った
トイレの高い位置にある収納棚から物を出し入れする時や、換気扇や壁の上部を掃除する時に、便器を踏み台として乗る人もいるかもしれません。しかし、便器の上に乗ると、便器が重さに耐えられずヒビ割れてしまうことがあります。

・便器に熱湯をかけた。
便器に汚れが付着している場合や詰まりが起きている場合に、お湯をかけて解消する方法があります。しかし、お湯といっても熱湯をかけてしまうと、陶器は熱に弱いのでヒビ割れてしまうことがあります。掃除でも詰まり対策でも、お湯は40~60度のぬるま湯を使いましょう。

・便器に重たいものを落とした。
トイレに重たいものを持ち込むことはあまりないかもしれませんが、トイレタンク内の掃除でフタを外す時は注意が必要です。トイレタンクのフタは非常に重たいので、便器の上に落とすとヒビ割れてしまいます。タンクのフタを取り外す際は、両手でしっかりと持って慎重に行いましょう。

別のトラブルを防ぐための応急処置

便器がヒビ割れした場合、接着剤で補修できたとしても、安全性と機能性が不十分ですし、すぐにまた割れてしまうでしょう。そのため、便器がヒビ割れた場合は、すぐに水道修理業者に連絡して便器を交換することになります。ただ、業者が到着するまでの応急処置として、自分でできることがあります。一時的な対処法ですが、次に紹介する2つの方法を行うことで、状況の悪化を防ぐことができます。

・水漏れを防ぐために止水栓をすぐに閉める
便器のヒビ割れによって水漏れを引き起こすことがあります。それによって床が水浸しになり、アパートやマンションの場合は階下まで水漏れ被害を与えてしまうこともあります。水漏れが起きた時に被害をできるだけ抑えるためには、すぐに止水栓を閉めましょう。止水栓は、ハンドルタイプと、マイナスドライバーで回す溝タイプがあるので、事前に確認しておくとスムーズに作業ができます。

・布ガムテープを巻きつける
ヒビ割れた部分に布ガムテープを貼って、2~3周巻きつけましょう。水漏れを防ぎ、割れた部分で皮膚を傷つけるのを防ぎます。ただ、一時的にしか補強の効果はないので、時間が経つと水が漏れてきてしまいます。何度か貼り直して処置しましょう。

便器のヒビ割れを自分で修理できる場合とできない場合

ヒビ割れが小さい場合は、ホームセンターで販売されているヒビ割れを補修するためのキットを使えば、自分で補修することができます。しかし、ヒビ割れが完全に直るわけではないので、応急処置として利用しましょう。

一方、ヒビ割れが大きくてすでに水が漏れている場合は、便器を交換する必要があります。ウォッシュレットやシャワートイレの場合も交換が必要になり、作業には専門的な知識と技術がないとできないので、専門業者に依頼しましょう。

賃貸住宅で便器がヒビ割れたらどうするの?

賃貸住宅で便器がヒビ割れた場合は、次のことに気をつけましょう。

・管理会社や大家さんにまず連絡
賃貸住宅の場合、設備の交換や修理を行う際は、必ず管理会社や大家さんに連絡し、許可をもらってから行いましょう。管理規約には、設備が故障した場合にどうしたらいいか記載されているので、よく確認しましょう。許可なく勝手に専門業者に依頼して交換・修理を行うと、負担してもらえるはずの費用が自己負担になったり、貸主とトラブルになったりすることもあります。

・ヒビ割れを放置すると借主の自己負担になることも
トイレの設備が故障すると、生活が不便になるだけでなく、他の住民にも被害を与えてしまうこともあります。例えば、便器のヒビ割れを長期間放置したことで、下の階に水漏れ被害が及んだり、建物内部が損傷したり、借主の明らかな過失による被害は、修繕費用を全額負担しなければいけない場合もあります。

応急処置をしてすぐに水道修理業者に連絡しましょう

トイレの便器にヒビが入ってしまった場合は、まず水漏れを防ぐために止水栓をしめましょう。小さなヒビ割れでも放置すると症状が悪化してしまうので、ヒビ割れ部分に布ガムテープを巻きつけたり補修キットで対処したりして応急処置をし、すぐに水道修理業者に連絡しましょう。

高知県で便器のヒビ割れでお困りの方は、高知市を中心として四万十市、香南市、香美市、土佐市など高知県内の水回りのトラブルに対応している「水のサポート高知」にお任せください。修理は24時間体制で受け付けており、365日休まず現場へ駆けつけます。

便器のヒビ割れで水漏れを起こし「今すぐになんとかしてほしい!」という時も、高知県内なら1時間以内にお伺いいたします。担当するのはしっかりと教育や研修を受け、水回りに関する専門的な知識と技術を有したスタッフですので、安心してお問い合わせください。

水のサポート高知 0120-670-076

水のサポート高知 0120-670-076